FC2ブログ

マックスウェル会議室

2011年02月26日
さる2/25
スカイプ上で「Scribblenauts~ヒラメキパズル・マックスウェルの不思議なノート~」
を複数人で同時にプレイするグループ通話、をマックスウェル会議室と称して合計5人で興じました
さすがに会話の出会い頭事故や拾い漏れが発生しはじめたようだけど、まだ大丈夫だと思う

そういうわけで興味のある人は、スカイプ:hebimuあたりまでお気軽にどうぞ
次回は3/4(金)PM10:00よりの予定です
スポンサーサイト



ボイスつき

2011年02月20日
土曜日にAMクラスタの何人かと、アドパを介してモンハンをやりました
PS3のVCはおそらく、うちの回線の問題で満足に機能しないようだったんで
スカイプに切り替え、以下淡々とプレイしてました
肉声で即時リアクションがあるのがうれしいねえ
プレイ中にも言っていたことだけど、
プレイ中はひたすらゲーム画面に中止しているので、音声情報さえ共有していれば
その場に居合わせてプレイしているのとさほど変わりない感覚だったと思う

ともあれおつかれさまでした
テキストのみのアドパ野良と違って
最低限の気さえ置いておけばよかったのでやりやすかった

あと、たぶん俺の方で名前だけ一方的に知っている距離感だと思っていた
女性陣に、なんとなく名前が通じていたのが、個人的には衝撃的だった

あとそう、マックスウェル会議用のグループをスカイプの方に
某プレイヤーさんが立ち上げたので報告までに
さっそく2/25(金)あたりに試験運用をする予定なので、興味のあるヒラメキパズラーはご気軽にどうぞ

ESR

2011年02月12日
待望のEXTRAPOWER STAR RESISTANCEの続報が出ていましたな
小出しでもよいので情報を出してもらえるとひじょうに安心します
ついったーとかどうかね、ふんふん

だらばらばんば

2011年02月07日
http://zuntata.jp/special/dbaclive/index.html

まあそういうことなんですよ
行きたいんですよぼくは
できればボディソニックを全身で体感したいんですよ
なんかチケットが買いにくくても、二泊三日を余儀なくされてもね
うーーーーん

ルピアライブいってきたよ

2011年02月06日
この2/5.6にかけて東京に行ってきました
目的の大半は4年ぶりに開催されるというルピア4thライブでした

ついった上でのやりとりで、ライブ前の休憩というかだらだらタイムに混ぜてもらえることになり
現場にやっとこさっとこ着くと、だいたい見知った顔がそろっていて、なんだか懐かしい気分になりましたな
こういう機会でもなければまず顔を合わせることのない人ばかりなので
まあ俺だけすげえ浮いてる感はありましたが、そんなことはどうでもいい

前のバンドの爆音響く中会場入りし、お決まりのコーラを手にして開始待ち
話によると途中でコーラが品切れしたとか…考えることは皆一緒ということでしょうか

今回のライブではLUPIAライブでありながらLUPIA楽曲以外のAM曲が気持ち多く含まれていた気がする
何曲ぐらいやったのか、あの熱気の中時間を忘れていたのではっきりしないが
4,5曲ぐらいはそうだったんじゃないかな
個人的には「blast my head」「地球のH」「SF」「Axiom」あたりを、あの環境の中で聴き歌えたので満足だった
Axiomの中盤ぐらいから熱気と声張りすぎで酸欠気味になってたわ
MC中以外はほぼ体も動かしていたのでなおさらだったなー、汗だらだらだった

ライブの前にちょっと、上野公園内で路上演奏をしているグループの演奏を聴いてた時も思ったけど、
実際に現場で体験する音はだいぶ違うねえ、やっぱり
できれば次があることを願う、楽しかった、行ってよかった
この時期にある程度、復調しててくれたメンタルにも感謝

しかし想像以上に人が多かった、知らない人が半分くらいを占めていたのではないかな
ライブ終了後の懇談タイムはすり抜けたので実質、以前から知ってる人としかコンタクトは取っていない
この辺はPIPなどのイベントとの違いかなあ、当然だけどひとりひとり自己紹介とかしねーしな
ついった上とかで名前を知ってる人もちらほらといたらしかったが、誰が誰やらさっぱりに終わった

一説によれば今年はまたなにか大規模なオフが計画されているとかいないとか
心身の状態が一定以上なら、積極的に参加しようと思ってます
そのときはもうちょっと、ゆっくり話とかしたいもんだ…何を?
さあねえ、そのときの流れでいいんでないの…

マルチプレイ

2011年02月03日
ヒラメキパズルをskypeしている者同士でプレイしてみた
DSの仕様上あれだし、webカメラもない環境だったため
同じ画面を共有することができなかったものの
同一のステージを同時にプレイしていると
自分ではまず思いつかないような発想がよく出てきて
たいへん新鮮にプレイできた
やっぱり、人と一緒にやる向けだよこれ
一人より二人、二人より三人…と、どのへんがラインかは知らんけど
基本的には多いほどいろんな解法が見つかるもんだと

あと、諸手を挙げてこどもの英語教育とか知育用に与えるには
いささか過激な表現が多々あるとは思った
 | HOME |